Entries Tagged as 'twitter'

現在出ているiPad対応のtwitterクライアントまとめ

4/26 twitepadを加筆しました

 IMG_0046

現在出ている、iPad対応のtwitterクライアントをいろいろと触って見たので簡単にまとめてみます。

 

今回使ってみたのは下記の8つです。

<無料アプリ>
・Twitterrific for iPad
・Tweet Flow
・TweetDeck for iPad

<有料アプリ>
・twittelator for iPad(600円)
・Tweetings for iPad(350円)
・Tweeterena 2 for iPad(115円)
・ShinyTweet for iPad(450円)
・TwitePad(230円) ←4/26加筆しました!

他にもあればぜひ教えてくださいね。
できればブログのコメントよりtwitterのほうがありがたいです(^^; アカウントは@komeou です。よろしくお願いします。

すべてざくっと簡単に使ってみた程度なので、その辺は差し引いて読んでくださいね(^^;

 

【オススメ】

 

個別の感想は後ほど書くとして、とりあえずオススメを先に紹介しておきます。

<無料アプリ>

Twitterrific for iPadが非常にバランスが取れていていいと思います。
機能は最低限でいいのでとにかくカワイイの!という人にはTweet Flowのほうでしょうか。

まだまだiPad対応クライアントは少ないので選ぶ余地が無いという、、、w

 

<有料アプリ>

とにかく一画面の情報量が多くて圧倒的に高機能なのがTweetings for iPadです
とりあえず、ボクはコレをメインに使う予定です。

 

 

【簡易レビュー】

 

リスト機能が使えるかどうかってのは、ボクにとってかなり大事なことなのでその辺は全部調べてみました。

まずは無料アプリから

Twitterrific for iPad(無料)

2

リスト機能:あり

広告が入りますね。無料なのでしかたないですね
全体的に使いやすいです
ピヨピヨ音がかわいいですね
未読バッジは表示されないようです
Forward to Followers ってのがQTのことみたいですね

必要な機能はだいたいそろっているようです。
横向きに使うと、リストやDM等1タッチで移動できるのがいい感じです。
無料だし、音を含めてかわいいデザインですし無料としては非常にいいアプリだと思います。

 

Tweet Flow(無料)

3

リスト機能:なし

無料だけど宣伝はないのがいいですね。
とにかくデザインがかわいいです。音もピヨピヨなりますw
デザインに凝ってる見たいで、新しいメッセージは大きめに表示され、スクロールするとアニメーションしてくれます。おしゃれー
その分情報量は少なめですね。
読み込みはちょっと遅いかも
投稿は文章のみしか出来なさそうです。
機能的には最小限そろっているという感じです。

 

TweetDeck for iPad(無料)

4

リスト機能:あり

3ペインで見れるのがいいですね
リストなどカラムとして追加できます。
横スクロールでカラムがたくさんあっても大丈夫

★一番の問題は、webから見た時のTLやList画面と全然違うことです。
どうやら古いのが適当に表示されてるだけのような、、、
さっぱりどういう動きをしているのか予測できません。
これではまったく使い物にならないですね。
UIが秀逸なだけにおしいところです

 

 

続いて有料アプリです

 

twittelator for iPad(600円)

5 

リスト機能:あり

他と比べると高いのが難点ですね。
iPhone版は、とりあえず高機能なのですがこちらは他と比べてそれほど多機能ってほどでも無いようです。
最低限の機能はそろってますが、デザイン重視って感じでしょうか。
ちょっと情報量が少ないのがちょっと残念なところです。
写真がインラインで見れるのはいいところなんですけどねぇ。

iPhone版はメインアプリにしているのでバージョンアップに期待してます。

 

 

Tweetings for iPad(350円)

6

リスト機能:あり

プッシュ通知をしてくれるみたいですね。他にはプッシュ出来るアプリは無かったのでこれは売りかも知れませんね
設定項目は他と比べて圧倒的に多いようです。アプリ内とiPadの設定の二ヶ所ありますがかぶってるのも多いです
サファリのブックマークレットも付いてます
投稿もQuick postという、文字だけ簡単にpostできるのと、画像やハッシュタグなどを入れることの出来る(スケジュールなどもあります)詳細投稿画面の二種類あり非常に使い勝手が良さそうです。

とにかく高機能で一画面の情報量が多い。
iPhoneのtwittelator proのように高機能です。なんでも出来そうな感じです。

とりあえず、私はこれをメインに使っていこうと思っています

 

Tweeterena 2 for iPad(115円)

7

リスト機能:なし

@MentionやDMにアクセスするのに、メニューを呼び出さないといけないのでちょっとそのワンクッションが痛いですね。
リスト機能がないのは痛いです
機能的にはまあまあそろってるという感じでしょうか。

 

ShinyTweet for iPad(450円)

8

リスト機能:なし

横4ペイン・縦3ペインで表示してくれます
TweetDeckの代わりになりそうと期待したのですが、Listをカラムに出来ない(というか、見れない)のが残念です。
最低限の機能はそろっているようです

 

Twitepad(230円) ←4/26加筆しました!

1-1 

1-2

リスト機能:あり

TLとWeb表示画面が同時に表示されるのがいい感じです。もちろんリストにも対応しています
TLも用途に合わせて4ペイン(縦の場合は3ペイン)まで増やせるので、TweetDeckやHootsuite等になれてる人にはいいかもしれませんね
実際の動きに関しては、動画を見てもらった方がわかりやすいと思うのでそちらもぜひ一度ご覧ください。とにかく凄いです!

Twitepad – The iPad Twitter client demo video Video
http://vodpod.com/watch/3356741-twitepad-the-ipad-twitter-client-demo-video

 

 

 

 


ほんとに半日ざくっと使ってみての比較ですので、間違えてるところもあるかも知れません。
その辺はご容赦を。。。(^^;

Tweetings for iPadについては、しばらく使い込んでからまた詳しくレビューしてみたいと思います。

(二回目ですが)上記以外にもこんなiPad対応twitterクライアントがあるよ!というかたはぜひ教えてくださいね
できればブログのコメントよりtwitterのほうがありがたいです(^^; アカウントは@komeou です。よろしくお願いします。

Post to Twitter

Secondlife Viewer2 β が公開されて思ったこと

昨日、セカンドライフの新しいビューワー2のβ番が公開されました。

2010y02m25d_115032406 
Second Life Viewer2 Beta
http://secondlife.com/beta-viewer/

 

ざくっと触ってみたところバージョン1.xの時と比べてかなりユーザーインターフェースがかなり変わっていました。

どちらかというと、ブラウザに近いインターフェイスになっているので、このビューワーからセカンドライフをはじめる方には直感的にわかりやすくなっていると思います。
前のバージョンのUIに慣れてる我々は、ちょっと戸惑ってしまうところもありますけどね。

YouTubeのSLチャンネルにはイントロダクションやチュートリアル動画などViewer2に関する動画がたくさんあがっていますので、そちらを見てみてください。
もちろん英語ですが、画面を見てるだけでもなんとなくどういう事が出来るかわかると思います。

YouTube – Secondlife さんのチャンネル
http://www.youtube.com/Secondlife

 

前のバージョンと比べて変わった点はいろいろとあるのですが、私が特に嬉しかったのは「Webサイトをシームレスに使える」という事ですね。

以前のバージョンでも使えたのですが、大分洗練されました。
つまりセカンドライフ内のオブジェクトにメディア(webサイト)などをテクスチャとして埋め込めるのです。

文字で書くとわかりにくいので、画像で紹介します

Snapshot_003 
twitterを使っている様子
もちろん、ここから書き込みやスクロールも出来ますよ。簡易Webブラウザみたいなものですね!
日本語は入力できないみたいなので、エディタなどからコピペしましょう!

 

Snapshot_004 
YouTubeを見ている様子
flashにもちゃんと対応しています!

 

こんな感じですね。

セカンドライフ内で仲間同士でいろいろなwebサイトや動画を見ながらワイワイガヤガヤ出来るわけです。

これを使えば、サッカーや野球などのパブリックビューイング的なことも気軽に出来ますね。

一人でTVの前でブツブツ独り言を言いながら応援するのと、みんなで集まってワイワイガヤガヤおしゃべりしながら応援するのとでは楽しさが全然違ってくると思います。

つまり家のPCの前にいながら、実際に会場に行って観戦する醍醐味を味わえるわけです。
そりゃ、実際に会場に行って観戦するのが一番でしょうが、なかなか時間やお金の問題もあり難しいですものね。
そのあたりがバーチャルワールドのいいところだと思っています。

 

現在、3Di社がOpenSIMを利用し、Webブラウザの中からバーチャルワールドを動かせるようなシステムを作っておられます。
昨日もUFOに関することで知られる矢追純一氏のトークショーが開催されたところです。

矢追純一のUFO談義 | 3Di Immersive Seminar
https://seminar.3di.biz/invitation/8tq75

3D空間でセミナーを開催できるSaaSソリューション|3Di Immersive Seminar
http://seminar.3di.biz/

 

このように、

・Webブラウザの中でバーチャルワールドを利用する
・バーチャルワールドの中でWebブラウザを利用する

と、方向は違うのですがリンデン社も3Di社も目指すところ同じだと思います。

 

つまり、Webブラウザのいいところとバーチャルワールドのいいところをミックスするのが一番いい使い方なのでしょう。

どちらもまだまだハードが追いついていないので、少々使いにくい面もありますが、そういうのは時間がたてば解消されるでしょう。

 

 

最近はtwitterやUstreamなどが話題ですが、その両方に共通しているのはリアルタイム感ではないでしょうか?

twitterみたいに、疑問を投げかければすぐにレスポンスが帰ってくると言うリアルタイム感
Ustreamのように、準備をしていなくても撮影チャンスがあればすぐにiPhone等の携帯端末でストリーミング中継が出来るリアルタイム感

それがmixiやfacebook等によりソーシャルにどんどん広まっていくわけです。

特にtwitterはここ最近のブレイクにより、身近な人たちがどんどん使いだしさらに便利になってきています。

今や、メールを使うよりもtwitterのDMを使う方が多いくらいです。

本当に面白い時代になってきました。

 

しかしリアルタイムというポイントで考えると、いろいろなWebサービスよりもバーチャルワールドを使うのが一番だと私は思っています。

場所の制約が無いということ以外は、まさにリアルの世界と同じリアルタイムです。

もちろん、twitter等の方が一度にたくさんの人に伝えたり出来るのが魅力なので、そういう点では負けるとは思うのですが、同じ時間を共有する事によるエンゲージメント(つながり)はtwitterよりもかなり深くなります。ここがポイントですね。

ここ最近、顧客とのエンゲージメントを高めようと各企業がtwitterをユーザーサポートや広報として使い出しているのはそのせいだと思います。それもこれもtwitterユーザーが増えたことにより、企業が固定費を使ってでもtwitterを使うことがメリットになるという環境が整ったからだと思います。それに比べるとバーチャルワールドではまだまだですが、すでにアメリカのほうでは大分進んできているようです。

SNSやtwitter等の次に来るのはやはりバーチャルワールドと考えているのは間違えていないなぁとつくづく実感しました。

 

とにかく、新しいセカンドライフビューワーを使ってなにか新しいことが出来るんじゃないかと思ってワクワクしている最中です。

Post to Twitter

偶然ってあるもんだ、、、

今朝、twitterを見て驚いた。某大手ホスティング会社の社長がこのブログのことをパチモンとけなす書き込みがあったからだ。

早速その人のサイトを見てみると、、、

2010y02m24d_103626046

なんと、うちのサイトとデザインがまったく一緒ではないか!

しかもブログ名が「北川貞大の、レンタルサーバー魂」ということで、「実名+○○魂」というところまで全く同じです。

調べてみると2008年の10月からやってるみたいなので、確かにパチモノ呼ばわりされても仕方がないところはある。

なにやら、ブログの該当記事を読んでみると

ちょっと国際法廷で訴えてこようと思う。

とまで書かれているようだ。困った!

 

しかしよくよく考えてみると、私に全く身に覚えがない話なので訴えられる筋合いはないと思う。

しかも、私のブログを読んでインスパイアされて、この人の方がそっくりそのままパクったとすればどうだろう?私も昨年の12月からやってるので、今年に入ってからパクられたとするとつじつまが合うのではないであろうか?

 

確かに、google検索のキャッシュ等には残っているかもしれないが、そこはIT企業の社長である。その辺の操作などはお手の物なのであろう。

 

ほんと

偶然ってあるものなんですね!

 

 

<追記>

 

ふと自分の過去のエントリーを見返してみるとこんな記事を書いていたようです。いやー、年を取ると物覚えも悪くなるものですね

Post to Twitter

iMapMyRun – iPhoneで簡単に走ったルートや距離、スピードなどを計測でき、twitterでつぶやけるアプリ

最近、マラソンのトレーニングを始めました。

ただ単に走るだけではつまらないのでサイクルコンピューターのような走った記録を取れるようなものをさがしていたところ、とあるiPhoneアプリを見つけました

iMapMy
http://www.imapmy.com/

マラソン用だけではなく、自転車用(iMapMyRide)やウォーキング用(iMapMyWalk)などもあるようです。

と言うことで、早速紹介してみます

 

<出来ること>

 

・走ったルートをGoogle Mapに表示してくれる
・距離、速度、平均速度、ペースなどが記録できる
・データは別途Webサイトで管理可能
(ネット経由で自動UPされるのでUSB接続などは不要)
・twitter連携機能
(データを簡単にtwitterに送信できる。一定時間毎にデータをpostする事も可)

等々です

 

<インストール>

 

  1. AppStoreからiMapMyRunをダウンロード
  2. Webサイトと連動しているようなので、アカウントを作成(iPhone内から可能です)
    URL: http://www.mapmyrun.com/

以上で準備は終了です。簡単ですね

twitterと連携したい人は、設定ページでtwitterアカウントを登録しておきましょう

 

<使ってみる>

 

◆まずは、自分の居場所をGPSで捕捉します

IMG_1059

GPS ONという右の黄色の部分が緑に変わればOKです。

 

◆走っている最中は、下記のように

・経過時間
・スピード
・1km毎のペース
・平均速度

等を見ることが出来ます

IMG_1060

 

 

◆音楽を聴きながら走れるようにiPodアプリのコントロールメニューもありますよ

 

IMG_1061

 

 

◆トレーニング後は下記のように、走ったルートが表示されます

スタート地点、ゴール地点にピンも立ちますよ。

中身はgoogle Mapなので、拡大縮小ももちろん可能です

 

IMG_1062

Show Elevationというボタンを押すと、高度も表示されます。すごく便利ですね

 

◆トレーニングの結果

下記のような結果を表示してくれます。

IMG_1063

 

上の画面では下に隠れて見えていませんが、この内容をtwitterでつぶやくボタンもあります。こんな感じです。

Completed (Run): Distance 6.84 km, Duration 0:49:57, Pace 07:18 min/km, Speed 8.2 kph. #iMapMyRu

 

 

◆twitter連携について

twitterの連携機能を設定すれば1km毎(任意)に自動でtwitterで報告してくれたりします。こんな感じです。

In progress: #iMapMyRun Distance 2.00 km, Duration 0:19:14, Pace 07:41 min/km, Speed 7.8 kph.

だれかにみられていると思うと、モチベーションもちょっと上がりますよね(^^)

 

 

<その他>

 

気になる電池の持ちですが、1時間くらいの利用であればほとんど減りませんでした(iPhone 3G利用)

スタートボタンを押すとしばらくすると画面がスリープモードになりますので、そのままポケットにほりこんでおくだけです。

その他、Webサイトにログインすれば、ブログに貼り付けるためのタグを作ってくれたり、目標を設定したり、トレーニングしている人通しのコミュニケーションも取れるようです

 

ブログにはこんな感じに貼り付ける事が出来ます

 

興味のある方はぜひ見てみてください(英語ですが)

MapMyRun.com
http://www.mapmyrun.com/

 

 

<思ったこと>

 

いつも持っているiPhoneで、走る寸前にスタートボタンを押すだけという気楽さが一番いいところですね。

また、twitter連携により、「誰かに見られている」感があるので、モチベーションが上がるってところもこっそりポイントであると思います。
まあ、ほとんどの人は見てくれてないと思いますが(笑)

 

RUNだけでなく、iMapMyRideという自転車用のアプリもありますのでチャリンカーな方はそちらも同じように使えると思います。

 

ちなみに、私は両方入れましたが、色以外の違いがあまりわかりません、、、、買うのは一つでいいのかもしれませんね。

Post to Twitter

メタバースカンファレンス2010に行ってきました

先週の金曜日、「メタバースカンファレンス2010」というイベントがあったので東京まで行ってきました。

Metaverse-Conference 2010
http://www.metaverse-conference.net/

 

主催は「メタバース協会」です。

この協会は3Dインターネットやメタバースと呼ばれるオンライン3D仮想空間サービスの普及に向けた共同・協業促進活動を行なっている団体です。

 

バーチャルワールド関係の仕事をしている都合上、こういうイベントには毎回参加するのですがほとんどが東京で開催されるため、いつも出張になります。

金曜日の朝、東京に到着し友人と昼ご飯を食べて会場に向かいました。

IMG_0821 

ざっと150名くらいの参加人数だったと思います。

メタバース関係の人はほとんど集まってましたね。私も久々にいろいろな人たちとお会いできて楽しかったです。

 

3Diの小池社長のセッションでは、3Dインターネットの海外の最新動向を紹介されていました。

日本ではまだまだですが、海外ではかなりいろいろなところで活用されているようで、非常に勉強になりました。

 

また、森ビル メディア企画室の矢部室長のセッションでは都市開発のプレゼン用に仮想空間を利用されている実例を紹介されていました。

ミニチュアの立体模型とバーチャルワールドを両方取り入れることで、顧客に最適なプレゼンを行えるというところが非常に興味深かったです。バーチャルワールドだけで完結するのではなく、いい部分をツールとして使うという姿勢ですね。こういう使い方ができる企業がどんどん増えてくれると市場も成熟してくると思います。

 

その後のパネルディスカッションでは、今後のコミュニケーションサービスにメタバースはどういう風に関わっていくのか?また、そのビジネス展開は?というテーマで進められました。

メタバース業界の有識者がざっくばらんにお話しされているのを聞けたので非常にいい機会になりました。

 

全体のカンファレンスで非常に面白かったのがtwitterの活用ですね。

#mc2010という専用ハッシュタグを用意されており、パネルディスカッションではパネラーの後ろのスクリーンにずっと表示されていました。

参加者の皆さんも活発に発言され、また別の意味でも面白いカンファレンスでした

IMG_0823
パネルディスカッションの様子。twitterが常時表示されていました

 

興味のある方は、ぜひtwitterで見てみてください。その時の様子がすごく伝わると思いますよ

http://twitter.com/home#search?q=%23mc2010

 

ぜひこのようなセミナーがバンバン開催されるくらいメタバース業界も盛り上がってもらいたいものです。

Post to Twitter

twitterを利用した販促プロモーションのテスト

先日、こういう記事を書きました。

Gmail専用のキーボード「gboard」をアメリカから取り寄せてみた
http://www.yamasaki.to/blog/pc/entry114

この記事をupしたところ、twitter上で「欲しい!」「どうやって買うの?」等のように結構な反響があったのです。

それを使って販促のプロモーションのテストをしてみようと思い立ち、上記の記事の最後を書き換えてtwitter上で「プレゼント企画」を実施し、twitterのプロモーション効果を検証してみることにしました。
購入に当たってネットでいろいろと調べてみたのですが、この商品は日本で使っている人はあまりいないようですが、gmailを日常使っている人は多いだろうし、ぜったいデジタルガジェットが好きな人たちにはウケがいいと思ったからです。

ということで、今回はその効果がどういう物であったかを、数値でまとめてみます。

【プロモーションの流れ】

  • 募集開始
  • 開始10分でRTが21
  • 開始30分でRTが115
  • 募集締め切り
  • 締め切り後も、ぞくぞくとRTされる(加速が付いてきました)
  • 「もう終了しましたよ」と何度もつぶやくが、該当つぶやきのみが一人歩き状態
  • 開始3時間でRTが485
  • その後もぼつぼつRTされたのですが、おおむね16:00以降にやっと終息

 

 

【結果】

◆どれくらいの人たちに反応があったのか?
RTされた数: 約479(bit.lyの該当URLのみの数)
bit.lyのクリック数: 6691

◆どれくらいの人たちがbit.lyにリンクを張られたブログを見に来てくれたのか?
該当記事へのアクセス: 8927
ユニークユーザー数: 4422

◆twitterユーザーの反応はどうだったのか?
おおむね、好反応。
否定的な意見はほとんどみられず。

◆その他
公開抽選会をustで見て来てくれた人: 22名
twitterのfollow数の伸び: 157ユーザー

 

 

【まとめ】

bit.ly経由だけでなく、ブログの記事にダイレクトにリンクを張っていただいた人もいらっしゃいましたので、サイトの該当記事へのアクセス数は2000ほど多くなっているようです

 

 

◆ブログの該当記事のアクセスが約9000

いままでのこのブログの記事では、多くても50アクセスがやっとでした(恥ずかしいw)

それが一気に9000近くまであがりました。相乗効果で、その他の記事もだいぶアクセスが増えたのですが、今回のプロモーションが無ければクリック数はいっても100程度だったでしょう。

たとえば、オーバーチュアやアドワーズなどに広告を出してみたとすると、平均クリック単価50円としても、約45万円分の効果があったわけです。

これはかなり効率のいいプロモーションと言えるのではないでしょうか?

 

◆472のRTに対してユニークユーザーが4422

平均すると1RTに対して約10人がクリックしてくれたことになります。
これはなかなか興味深いデータだと思います。

 

 

 

◆twitterでの販促プロモーションのいいところ

・ユーザー側から見て、申し込みが非常に楽

ユーザーはtwitterの「応募方法はこのつぶやきをRTしてください」というつぶやきを見た瞬間にRTするだけで申し込みが完了しますので、すごく楽です。

ただしこの場合、運営側として申込者の情報はtwitterのアカウント名だけしか取れないので、住所やメールアドレス等の個人情報を収集したいという業者にはあまりメリットがないのかも知れません。

逆に、いちいち個人情報を晒さなくても申し込みできるというのがユーザーにとってはうれしいのではないでしょうか。

 

 

・口コミが加速度的に広がる

申し込みすると言うことは、申し込みをした時点で自分のフォロワーさんに口コミをするのと一緒なワケです。

その口コミを見たフォロワーさんが、また自分のフォロワーさんに向けて口コミをしてくれるので、申し込みは加速度的に増えていきます。

この事は頭では理解していたのですが、今回実際に自分でやってみてその威力に驚かされました。

 

 

・クレームがほとんど来ない

 

運営側がどういう風に考えて、運営しているかがユーザーに理解していただけるので、不手際があったときにでもクレームがほとんど来ないと思われます。

少なくとも、今回の場合はそうでした。

当初、RTが100行った時点で締め切りその中から2名が当選。という企画内容だったのですが、100名を超えた時点でRTが一人歩きしてしまい、「もう終わりました」と何度呼びかけても、そのtwitterのつぶやきは見てもらえず、結局500近くRTされてしまいました。

そのため急遽、募集要項を見直し当選数を2から3に増やしブログで告知し、それをtwitterにpostしました。
そちらも、twitterの皆さんの善意で結構RTされ、だいぶRTされるペースが落ちたわけです。

こういった運営側の「てんやわんや」もtwitterでつぶやきながら実況することにより、ユーザーの皆さんに非常に好意的に受け入れられたのです。

今回の場合も、クレームなどのつぶやきは私が見ている限りでは1つも無く、逆に皆さんに応援していただけたくらいです。

これはリアルタイムコミュニケーションのおかげでしょうね。
Webだと、もしかすると炎上になっていたかも知れません。

 

 

 

◆twitterでの販促プロモーションで気を付けるべき事

 

・RT出来ない人は応募方法が難しい

 

これは一番の問題ですね。
そもそもtwitterがそこまで広まっているわけでもないし、RTのやり方を理解されている人はその中でもごく一部だと思います。

たまたま今回はtwitterを使いこなしているユーザーにウケそうな「デジタルガジェット」が商品だったので、ここまで効果があったのだと考えています。

 

 

・twitterアカウントをたくさん持っている方は有利

 

twitterアカウントを複数用意して、それぞれからRTすれば何度でも申し込みできるわけです。
でも一時的なアカウントなのでフォロワーはほとんど無いことが多いと思いますし、口コミ効果は狙えません。

こういったユーザーを排除するような仕組みがあればいいのかなぁと思いますね。

 

◆今後気を付けたいこと

・RTされやすいように、140文字ギリギリいっぱい使うのではなく、なるべく少ない文字数にする

 

ギリギリ文字数を使ってしまうと、コメントを入れてくれる余地が無くなってしまいます。
かといって文字数が少なくなると、伝わらずにRTされにくくなりますし、その辺のバランスが難しいところです。

ブログなどを併用し、上手に文章を考えないといけないですね。

 

 


 

以上、つらつらと私の感想を交えて書き綴ってきました。あくまで私の正直な感想です。

ただ、数値だけは正直ですので、みなさんがこの数値をみてどういう風にお感じになったのかを、ここのコメントやtwitterなどで教えていただければ幸いです。


この記事に関連する記事

Gmail専用のキーボード「gboard」をアメリカから取り寄せてみた(2009/12/22)
http://www.yamasaki.to/blog/pc/entry114

Gmail専用のキーボード「gboard」プレゼント企画の抽選方法について(2009/12/22)
http://www.yamasaki.to/blog/pc/entry119

 

 

Post to Twitter

Gmail専用のキーボード「gboard」プレゼント企画の抽選方法について

先ほどの記事の中で

【応募方法】
・下記の私のtwitterのつぶやきをRT(ReTweet)してください。

 http://twitter.com/komeou/status/6912273518

・100名以上RTされた時点でRTしていただいた人の中から抽選で2名の方にプレゼントさせていただきます。

と書き込んだところ、30分ほどでRTが100を超えてしまいました(^^;
思いの外、反響がすごくて驚いています。

人数を数えている間にも、どんどん増えていくのでもう数えていないのですが、200か300くらい言っているような感じです。
応募していただいたみなさん、どうもありがとうございました。

 

というわけで最初にRTしてくれた方にはあまりにも申し訳ないので、譲る予定の人にはちょっと待っていただいて、プレゼントを1つ追加したいと思います。

というわけで、抽選方法を修正してみました。 

  • 最初の100人だけで抽選し、そのうち一名にプレゼント。
  • 本日の13:00で締め切り、それまでにRTしてくれた人の中から2名にプレゼント
    (もちろん最初の100人の人も含みます)

これなら、少しだけ最初のRTの人もアドバンテージがでるんじゃないかなぁと。。。すごく小手先の措置ですいません。。。

いくらtwitterで「締め切りました!」とつぶやいても、RTは止めれないのでこういう措置にさせていただくことになりました。
勢いだけでプレゼント企画をやってしまい、twitterの影響力をちょっと軽く考えすぎていました(><)

改めてtwitterの威力を実感した次第であります。

 

抽選方法に関してですが、なるべく不正が無いことを皆さんにお伝えできるような感じで検討中です。
今のところ、ustでも使って生中継しようかなぁ?
と考えているのですが、もし他にいい方法があれば、コメントで教えていただければありがたいです。

 

では、締め切りまでもうしばらくお待ちください。


この記事に関連する記事

Gmail専用のキーボード「gboard」をアメリカから取り寄せてみた(2009/12/22)
http://www.yamasaki.to/blog/pc/entry114

twitterを利用した販促プロモーションのテスト(2009/12/24)
http://www.yamasaki.to/blog/pc/entry122

Post to Twitter

Gmail専用のキーボード「gboard」をアメリカから取り寄せてみた

アメリカでGmail専用のキーボードが販売されてると聞いて、早速取り寄せてみました。

gboard

IMG_3932

Gboard
http://www.gboard.com/

 

超有名サイトでも取り上げられています。というか、このあたりの記事を見て僕も存在を知ったのですが、、、(笑)

 

Gmailに特化したキーボード『Gboard』 – 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで
http://www.100shiki.com/archives/2009/12/gboard.html

超大量のメールをさばく最終兵器となるか、Gmail専用キーボード「Gboard」が発売中 – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091208_gboard/

 

箱はこんな感じ

IMG_3929

 

空けると、こんな感じです。

IMG_3930

IMG_3931

 

こんな感じで動きます。

 

 

XPでもMacOSXでもドライバ無しで繋ぐだけでOKでした。

ちなみに、Gmailの設定で「キーボードショートカット ON」にしておかないと動きませんのでご注意を。

 

機能について

IMG_3933

◆青いキー
・Search(検索:検索BOXにカーソルが移動します)
・Results(?:よくわかりませんが、リロードっぽい動きをするようです)
・Stars(スター付きフォルダに移動)
・Reply(返信)
・Reply All(全員に返信)
・Forward(転送)
・Compose(メールを作成)

◆濃い青キー
・ESC(ESCキーって何に使うんだろう?)

◆オレンジのキー
・Star(スターのon/off)
・Archive(アーカイブ)

◆赤いキー
・Trash(削除)
・Spam(迷惑メールを報告)

◆緑のキー
・N.Thread(次のスレッドに)
・P.Thread(前のスレッドに)
・Next(スレッド内の次のメールに移動)
・Previous(スレッド内の前のメールに移動)
・Select(選択)
・Inbox(受信トレイを開く)
・Open / Close(メールを開く/閉じる)

 

Gmailは設定でキーボードショートカット機能が使えるので、専用のキーボードはあえて必要ないと思うのですが、なんかデザインがかわいらしいのとgoogleファンとしてはとりあえずもっておいた方が話のネタになるかなぁと思って買ってみました。
値段も$19.99と、安いですからね(^^)

一個だけ取り寄せるのもなんなのでついでに5つ頼んでみました。送料はほとんど変わらないですからね。その話をしたところ、さっそく二名の方が「譲って欲しい」とのことで譲ることにしました。

 

それでもまだ2つ余っていますし、せっかくなのでこのブログを読んでくれてる人にプレゼントしてみたいと思います。

ついでにtwitterを使って募集してみて、twitterがどれくらい口コミ効果があるか自分で検証してみたいと思います。

 

【応募方法】

・下記の私のtwitterのつぶやきをRT(ReTweet)してください。

 http://twitter.com/komeou/status/6912273518

・100名以上RTされた時点でRTしていただいた人の中から抽選で2名の方にプレゼントさせていただきます。

・もしよろしければ私のtwitterアカウント @komeou もフォローしてみてくださいね(^^)


この記事に関連する記事

Gmail専用のキーボード「gboard」プレゼント企画の抽選方法について(2009/12/22)
http://www.yamasaki.to/blog/pc/entry119

twitterを利用した販促プロモーションのテスト(2009/12/24)
http://www.yamasaki.to/blog/pc/entry122

Post to Twitter

ニュー黒崎(New KUROSAKI):雰囲気バツグンの安うまダイニングバー。超おススメ!!

大阪の中崎町にいい店を発見しましたのでご紹介します。

私の食べた物記録は、基本的にはダイエットブログの方で公開しているのですが、せっかくなので特に良かったお店はこちらの方にも記事として詳しくレポートしていこうと思います。

「食べて痩せるdiet」大成功日記
http://diet.komeou.com/

さて、先日twitter仲間と一緒に中崎町のダイニングバー「ニュー黒崎(New KUROSAKI)」に行ってきました。

中崎町の商店街を歩いていると、下町的な雰囲気にはちょっと場違いな黒いのれんのダイニングバーがあります。

一見すると、高そうでちょっと入りにくい雰囲気です。

kurosaki

中に入ると、15名くらい入れるくらいのカウンターだけのお店。
オープンキッチンで、厨房も広く料理に力を入れてるんだなぁと感じさせてくれる第一印象です。

kurosaki2

さて、この日の料理は「おまかせコース(お腹いっぱい!)」というコースを注文しました。

お値段は3000円。
「この雰囲気ならまあそれほど高くはないのかな」と最初は思っていたのですが、コースが進むにつれて驚きの連続なのです。

とりあえず、詳しく食べた物を報告していきますね。

 

・突き出し「洋風きんぴら」

IMG_3879

レンコンとドライトマトが洋風の味付けになっています。

とりあえずビールのアテには最適です。
この時期は日本酒の熱燗やホットウイスキーなんかも合うでしょうね。
私はホットウイスキーで食べてみました。

IMG_3878

 

 

・前菜盛り合わせ

IMG_3880

鴨ロース、スモークポテサラの生ハム巻き、蒸し鶏、南蛮漬け、ささみ刺、がキレイに盛りつけられています。

写真は3人分です。

「一品一品、一手間入れてるなぁ」という印象です。

シシャモの南蛮漬けは国産ですね。

ビールでも日本酒でもワインでも何でも合わせられる味ですね。

 

 

・キノコのバターソテーのサラダ

IMG_3881 

バターの香りが食欲をそそります。

 

・むかごのウニあえ

IMG_3882

むかごというのは山芋の子供みたいな物だそうです。
梅田の有名店「新田」でも食べたことがありますが、ここのは生ウニが乗ってます。
むかごの土臭い香りがウニとすばらしいハーモニーを醸し出しています。

これは日本酒でしょ。ということで、ホットウイスキーから熱燗にチェンジしました

 

 

・焼き野菜の盛り合わせ

IMG_3883

さっと塩胡椒だけしたという感じの、薄めの味付け。
野菜の甘みがよく分かります。

ここは特に野菜に力を入れてるそうなので、ダイエット中の人にもオススメです。

これには白ワインを合わせたいですね。

 

 

・海老芋の3種類盛り

IMG_3884

冬が旬の京野菜「海老芋」にイカの塩辛、イカの墨和え、粒マスタードがかかっています。
旬の野菜はやっぱり味が濃くて美味しいですね。

塩だけでも十分美味しいと思うのですが、こうやって一手間入れるとさらにいろいろな味が楽しめていいですね。

 

 

・シメサバのサンドイッチ

IMG_3885

なんじゃこれは?!
という感じですが、シメサバとトーストの相性がこんなにいいとはびっくりです。

私ならローヌの白とかちょっと変わった感じの酸の少ないこってり系の白ワインを合わせると美味しいんじゃないかなぁ。という感じでした。

名物みたいなので、次回また食べてみたいと思います。

 

 

・豚足のおでん

IMG_3887

沖縄名物だそうです。
トロトロに煮込まれた豚足はおでんの出汁を吸って臭みもなく、コラーゲンたっぷりで最高ですね。
ご飯にかけてムシャムシャ食べたいです(笑)

 

 

・ジンギスカン

IMG_3888

とうとう肉が出てきました。
ガツン!という感じでなく、こういう感じで上品にちょっとだけ食べれるのは、ダイエッターとしては嬉しい限りです。

 

 

・五穀米のシューマイ

IMG_3889

シューマイと言ってもたぶん肉は入ってなかったんじゃないかなぁ。
五穀米は蒸してるせいかムッチムチでほんのり塩味で、五穀米のおいしさがよく分かりました。

味付けが濃いのが好きな人はちょっと物足りないかも。

 

 

・ペペロンチーノ

IMG_3890

〆はパスタでした。

やっぱり〆は麺類ですよね。
シソの香りとゆで加減もいい感じで、もうこの時点でお腹は一杯になりました。

 

という感じのコース内容でした。

これで3000円ってホントにお得だと思います!

大阪の方は是非一度言ってみてください。
マスターも気さくですっごくいい人でしたよ(^^)

 

【お店データ】
店名: ニュー黒崎
電話: 06-6359-2011
住所:大阪市北区黒崎町9-2
営業時間: 18:00~翌2:00
定休日: 今のところ無休のようです

Post to Twitter