Entries Tagged as 'mac'

日本のアカウントしかないけど、アメリカのiPadアプリを使いたい!という方へ

iBooksやiWork for iPad等のアプリは、現在日本ではダウンロードできません。
なぜなら、まだ日本のAppStoreがオープンしていないからなのです。
というか、iTunes経由でならアプリをインストールすることが出来るのですが、iPad単体でダウンロードできないということですね。

でも、今回紹介する方法で私は、iBooks等の無料アプリだけでなく、Keynote等の有料アプリもゲットすることが出来ました。

その方法を、簡単にまとめてみますね

 


まずは、無料アプリのダウンロード方法です。

下記の記事がありますので、そちらを参考にしてみてください(手抜きですいませんw)

対象エリア外の無料iPhoneアプリをインストールする裏ワザ
http://www.lifehacker.jp/2010/05/100427getobiapps.html

無理矢理アメリカのアカウントを取ればダウンロード出来るそうです。

私は動画を参考にして、iBooksやAdobe Ideas等の無料アプリをゲットしました。

アカウントを切り替えるのはiTunesストア内だけみたいで、どちらのアカウントでダウンロードしてもちゃんと一つのiPadには入ってくれるようでしたよ。

ぜひお試しください。

 

 


でも、上記の方法だと無料アプリしかダウンロード出来ないんですよね。
有料のアプリを買うには、クレジットカードを登録するか、アメリカで販売されているiTunesカード(日本のはNG)を買って入れるしか無いようなのです。

クレジットカードはアメリカの住所を持ってないと無理なのですが、
アメリカのiTunesカードなら日本でも買えるところがあるんじゃないかなぁと思っていろいろ探してみると下記のようなサイトが見つかりました。

iTunes Music Store ギフトカード プリペイドカード iTMSカード iTunes Storeカード
http://www.airplanemusic.jp/itunes/

上記のサイトでカード払いで購入すると、即座にPIN NUMBERをメールで送信してくれるのです。
あとは、そのPIN NUMBERをiTunesのアップストアのREDEEMというところで入力するだけです。

ただ、15$のカードが2378円と若干高いのが難点なのですが、、、
ま、仕方ないですね。

とういことで、念願のiWork for iPadのKeynoteを使うことが出来ました。
これで、次回お客さんのところでプレゼンするときに、iPadだけでプレゼンできますね。

iPadのKeynoteは、オリジナルのファイルもiTunes経由で取り込むことが出来ます。
機能縮小版なのですが、私のしょぼいプレゼン資料程度であれば、ぜんぜん問題なく再現されました。エフェクトがちょっと変更になるところもあるのですが、見た目はパワーポイントなどよりもよっぽどcoolです!

 

 


ということで、アメリカ限定のアプリをインストールしたい方に参考になれば幸いです。
そのうち、日本のAppStoreもオープンするのでそれまでの期間限定だと思いますけどね。

Post to Twitter

MACでiPhotoがiPhoneをデバイスとして認識してくれない場合の対処法

この間iPhone無くしてしまいました。
とりあえず見つかるまでは、前に使っていた3Gを使うことにしたのですが、なぜかMACのiPhotoでiPhoneが認識してくれなくなりました。

screen-capture
iPhoneをUSB接続してもデバイスが認識されていません

 

いろいろと調べてみた結果、解決方法が見つかりましたので忘れないように書いておきます。

<現象>
iPhoneをMACに接続してiPhotoを立ち上げてもデバイスとして認識してくれない。

<原因>
どうやらiPhotoのキャッシュファイルが原因のようである

<対処方法>
◆iPhotoのキャッシュファイルの削除

場所は ピクチャ → iPhoto Library(Ctrl+クリックしパッケージの内容を表示) → iPod Photo Cache

上記の中身を全部削除してください。ただし、Photo Database というファイルだけは残しておいてください

 

これで、私の環境では無事新しいiPhoneをiPhotoがデバイスとして認識してくれるようになりました。

 

screen-capture-1 
ちゃんと認識されました。よかったよかった

 

同じように困っているみなさまのご参考になれば幸いです。

Post to Twitter

Magic Mouse をWindows XPで使う方法

apple_magic_mouse

Mac Book Proでは正常に動くのに、Windows XPでは右クリックと左クリックは使えるのですが、どうしてもスクロールが出来なかったのでいろいろ調べてみてスクロール出来るようにしてみました。

以下は、防備録のために記録してみます。

 

・bluetoothドライバのダウンロード

下記から更新プログラムをダウンロードする

Bluetooth 更新プログラム 1.0 for Windows
http://support.apple.com/kb/DL952?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

 

・ダウンロードしたファイルを解凍する

このファイルをそのままwindowsにインストールしようとしてもエラーが出てインストールできないので、Lhaplus等の解凍ソフトを使ってexeファイルの中身を解凍する

窓の杜 – Lhaplus
http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/lhaplus.html

 

・ドライバのインストール

解凍したファイルの中から AppleWirelessMouse.exe というファイルを実行しインストールする。

Bluetoothデバイスの追加でパスキーを「0000」に設定する

 

これで【普通の環境であれば】Magic Mouseを利用可能になるはずです。

 

しかし!私の環境では動きませんでした。

原因は私のPCに東芝のBTスタックが入ってたからだったのです!

ということで、それを削除しました。方法は

コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」の一覧に 「BluetoothTM Stack for WindowsR by Toshiba」というのがあるので、それを削除

すると一旦bluetoothが切断されマウスが使用不可になるのですが、その後再度 Magic Mouseをベアリング設定すると無事動くようになりました。

どのような環境でも大丈夫というわけではないと思うのですが、私の場合は上記作業で無事XP上で Magic Mouse の右・左クリック、縦スクロールが出来るようになりましたので、参考になる人は参考にしていただければと思います。

Post to Twitter