scansnapとgoodreaderを使ってiPadで雑誌を読んでみた

 

iPadは電子書籍を読めるというのが目玉なのですけど、まだ日本ではiPad自体が発売されていないので日本のiTunesアカウントでは、BookStoreのアプリもダウンロード出来ないし、iTunesのBookStoreも使えないのです。

たぶん、日本で発売される5月末くらいには日本のアカウントで使えるようにはなると思うのですが、それまでまてないので自力で雑誌をiPadで読んでみることにしました。

かんたんな流れとしては
・雑誌をスキャンしてpdfデータにする
・pdfデータをiPadに転送
・pdfリーダーのアプリで読む

こういう流れになります。

 

 

というわけで実際にやってみました

 

今回はこの雑誌をiPadに取り込んでみました。

IMG_1643

 

まずは雑誌をスキャンするために裁断します

IMG_1644

 

雑誌の裁断にはPLUSの裁断機 PK-513というのを使いました

Amazon.co.jp: プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106: 文房具・オフィス用品
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9-%E6%96%AD%E8%A3%81%E6%A9%9F-%E8%A3%81%E6%96%AD%E5%B9%85A4-PK-513L-26-106/dp/B002MRPKRC/ref=pd_cp_office_0

この裁断機はちょっと高いのですが、160枚から180枚くらいは一気に綺麗に切れるのです。また、カッターの入る場所が光でわかるような機能が付いてるので結構便利です。
今回の雑誌はだいたい85枚170頁ほどでしたので、全然問題なくカットできました

IMG_1645

こんな感じです。右側の閉じてる部分がすぱっと綺麗に切れています

 

 

次はスキャナで読み込みます。

スキャナは富士通のScanSnap S1500です。

こいつは毎分20枚読み込んでくれて、もちろん裏表両方認識してくれます。
しかも、少しの角度のずれは補正してくれるんです。

ちょっと工夫すればEvernoteに自動的にアップロードできたりするので、私は残しておきたい紙資料はがんがんこれで読み込んでEverNoteにアップロードしています。
最近はスキャンした画像の文字認識データを埋め込んでくれますのでますます便利になりました。

ということで、スキャンの読み込みも5分くらいで終了です。

IMG_1646

 

 

できあがったpdfデータをiPadに転送します。

私はiPadのGoodReaderというのを使っています。
これは処理速度も速いし、iPhone/iPad用pdfリーダーでは一番評判のいいアプリです。
WiFi経由でデータを送る機能が付いているので、今回はその機能を使って転送しました。

WiFi転送については下記のリンクを参考にしてください。

GoodReader:機能豊富な王道PDFリーダー。今まで触った中で確実に最強。1315
http://www.appbank.net/2009/09/24/iphone-application/51483.php

 

 

はい、これで完成です。

IMG_1647

 

実際にiPadで読み込んでみると、サイズはちょっと小さくなりますが非常に綺麗に表示されています。雑誌より綺麗なくらいです(笑)
ページ送りもちょっと引っかかるのですが十分実用の範囲です。
データはiPad内に保存されてますので、インターネットに接続していない時でも読めるのがいいですね。

機材がそろわないと難しいとは思いますが、慣れれば10分くらいの作業で出来ると思います。

とりあえず、この方法でしばらくは雑誌をiPad内に詰め込んでバリバリ読もうと思っています。

Post to Twitter

Discussion Area - Leave a Comment

You must be logged in to post a comment.