Entries Tagged as ''

福知山マラソンでフルマラソンに初チャレンジ!

main_img

11/23の勤労感謝の日に福知山マラソンでフルマラソンに初チャレンジしてきました!

福知山マラソンオフィシャルサイト
http://www.f-marathon.gr.jp/

フルマラソンの参加者はなんと1万人というマンモス大会です。(最終的に参加者9143名だったそうですが)

なかなか評判の良い大会で「フルマラソンデビューはこの大会で」と決めていたのです。抽選さえクリアできれば東京マラソンが良かったのですが、案の定抽選漏れでした(笑)

ganba 

 

 

結果ですが、無事完走することが出来ました。

kansou_shou

順位:
総合順位: 4500位(9143人中)
一般男子: 3328位(7076人中)

記録:
4時間25分34秒(ネット:4時間21分27秒)

順位はまだ公表されていないので解らないのですが、完走者の真ん中ぐらいではないかな?と思っています。
つまり、早いわけでもないし遅いわけでもない、一番ボリュームゾーンっていう事ですね。

<追記 2010/12/7>

順位が発表されていました。予想どうりちょうど真ん中ぐらいでしたね(^^)

 


コースはこんな感じで、最後の厳しい坂が名物のコースで基本的にはほぼフラットなコースでした。

course

最初に市街地を軽く一周したあとは、川沿いの道を走るというコースです。
紅葉が綺麗で景色も楽しめました。

アップダウンや地図の詳細はガーミンのデータを参照して下さい。(マイル表示ですが、View in Metricというボタンでメートル表示に変わります)


福知山マラソン by kenskey at Garmin Connect – Details
http://connect.garmin.com/activity/57735712

 

上記より、1km毎のラップタイムだけ抜き出してみます

 

1km毎のペース

1km
2km
3km
4km
5km
6km
7km
8km
9km
10km
11km
12km
13km
14km
15km
16km
17km
18km
19km
20km
21km
22km
23km
24km
25km
26km
27km
28km
29km
30km
31km
32km
33km
34km
35km
36km
37km
38km
39km
40km
41km
42km
42.64km
06:08
06:07
06:21
05:49
06:04
05:44
05:50
05:48
06:06
05:37
05:40
05:41
05:42
05:39
05:38
05:36
05:43
05:43
05:41
05:28
05:46
05:26
05:44
05:49
06:04
06:00
05:57
06:03
06:08
06:04
06:28
06:28
06:26
06:40
06:47
06:58
06:35
06:45
06:55
06:48
07:01
07:16
04:50
——– ——–
AVG 6:06

前半のアベレージは5:48/kmで、後半は6:23/kmという感じです。
ペース的に落ちすぎているのか、それともこれくらいでいいのかどうかがわからないので、詳しい人ぜひ教えてください(^^;

せっかくなので、過去二回のハーフマラソンのラップタイムと比較してみました

hikaku

20kmあたりのペースが、過去二回のハーフマラソンのペースよりも早いって、、、、
やはり精神的なものなのでしょうか。
そのへんを分析して対策をねればハーフももう少しタイムが伸びそうな感じですね。


ということで、一日の流れを振り返ってみたいと思います。

空前の参加者と言うことで、渋滞を避けるために知り合いのY専務と共に大阪を5:00に出発です。
福知山ICに6:15位についたのですが、ICを降りるとすでに少し渋滞してました。びっくりです。

まあでも早い時間だったのでそれほど時間はかからず、途中のマクドナルドで軽く食事&トイレタイムです。会場のトイレは混んでるので事前にどこかで済ますのが鉄則ですからね。

会場に着き、駐車場に車を止めます。7:00頃にもかかわらず、すでに会場に一番近い駐車場には車がたくさんありました。
その後、会場まで15分くらい歩き受付を済ませました。
そうこうしているうちに、今回一緒に参加するFさんとセカキタ先輩も合流です。Fさんは前回の大江山登山マラソン以来です。

みんなでトイレにいったのですが、かなり並んでおりトイレが終わった時点ですでにスタートの15分前でした。
急いでスタート地点まで向かい、並びつつストレッチなどを行いました。

start2
スタート地点の様子


そんなこんなしている間にスタートです。

今回の目標は完走でした。ハーフマラソンのペースで行くことができると4時間切りも行けそうな感じでしたが、一週間前に転倒して打撲した膝と、前日にスケートで尻餅をついて痛めたおしりと腰の調子が心配だったので、あまり無理しないと自分に言い聞かせていたのです。

同じく直前にアキレス腱を痛めたセカキタ先輩と、直前にかかとを痛めて現地で勝ったインソール頼みのY専務と3人でいい気持ちでスタートを切りました。

かなりの人数だったため、スタートの合図が鳴っても30秒くらい動きません。
結局スタート地点まで4分近くかかってしまいました。さすがマンモス大会です。

 


出だしから6:00/kmペースで進んでいきます。それ以上あげたくても人が多すぎてなかなかあげることができないのです。
無理せずに、人の流れに身をまかせながら進んでいきます。

トレーニングの成果か、それくらいのペースなら心拍数もほとんど上がることなく、セカキタ先輩とY専務といろいろな人や物にツッコミをいれながら楽しく走っていました。

「おー、もう10kmだ。フルマラソンってこんなにらくやってんねー」
「このペースなら100kmくらいならいけるんちゃいますかー」

などと、冗談か本気かわからないような調子に乗った会話を続けてドンドン進みます;。

10kmを越えたあたりから、だいぶ人もばらけてきたのですが、やはり人がばらけ出すとどうしてもペースが上がってきます。
ラップのログを見てみると10kmから20kmあたりまでは5:30~5:45/kmくらいのペースで走っていたようです。

大会でアドレナリンが出ているからでしょうか、それくらいのペースでもほとんどあまり心拍数も上がらず、あいかわらずベラベラおしゃべりをしながら楽しく走っていました。

このあたりまでは天気も良く、
「マラソン大会ってこんなに楽しいもんだったのかー」
なんて、すごくご機嫌で走っていました。

 

ところが、25kmの折り返し地点あたりにさしかかったのですが、道がちょっと狭くなっていたせいもあり、セカキタ先輩がなぜか意味不明にピッチが上がったので、とうとうはぐれてY専務と二人旅になりました。

さすがに25kmを越えると、同じペースでもちょっと心拍数も上がってきていたので少しペースを落として6:00/km位のペースで30km地点くらいまでマイペースで進みました。

「マラソンは30kmを越えてからが本当のマラソン」

とよく言われます。
いままで練習で30kmは走ったことはあったのですが、それ以上はまだ未知の領域です。
怖いような楽しみなような気持ちで30kmを越えたのですが、さすがにその頃にはだいぶ脚にきていました。
Y専務ともほとんど会話を交わすことなく、一人マイペースでボチボチ進んでいきます。

そして30kmを越えた途端に腰が重ーくなり、とうとうペースを上げたくても上がらないような感じになりました。

「おー、これが30kmの壁かー」

と、なぜかちょっと嬉しくなったのですが、ここから長い旅が始まりました。

 


さすがに30kmを越えると、一旦ペースが落ちるともう元に戻せません。
というか、同じペースを刻むだけでもどんどん負荷が上がってくるのです。

ganba2 
死にそうな顔で走ってますね、、、w

 

足の裏の違和感(水ぶくれが出来ているのでしょう)や、足の親指の爪が痛く感じてきたり、ふくらはぎがピクピクして、膝もなんかカクカクなりだしたのです。

周りを見ても、30kmを過ぎると歩いている人や、道ばたでストレッチしている人がたくさん見えるようになりました。

でも一旦止まってしまったり歩いてしまったりすると、余計にしんどくなるのは赤穂トライアスロンの時に経験済みだったので、今回は「絶対に歩かない」ということだけ考えて頑張りました。

残り10kmの表示が出てきました。
もう、脚は完全にやられています。ペースを上げたくても上がりません。
こうなれば精神力の問題ですね。
「歩きたい」「立ち止まりたい」
という心の声との永遠の戦いです。ほんと辛かったです。

残り1kmちょっとになり、福知山マラソン名物の最後の坂にさしかかります。
思ったよりも傾斜はきつくなかったのですが、40km以上走ってきた脚には本当に過酷でした。
それでも、なんとか最後まで止まったり歩いたりすることなく、無事ゴールまでたどり着くことが出来ました

kansou_ken
疲れた顔は演技です(笑)

ネットのタイムでFさんは3時間40分、セカキタ先輩は4時間8分、Y専務は4時間34分と、みんな完走できました。
完走証をもらったところで、あまりにも脚が動かなくて20分ほどずっと座り込んでいましたよ。

ちょっと回復したところで、みんなで記念写真です。

kansou_all2 
右からY専務、セカキタ先輩、ボク、Fさん

いやはや、しかし前半のむちゃくちゃ楽しいマラソンから、後半のむちゃくちゃ辛いマラソンの一日で二種類を楽しめた大会でした。

一緒に参加してくれたメンバーのみなさん、お疲れ様でした-

<大会の感想>

受付を済ませるとゼッケンと一緒に、地元の小学生が書いてくれたメッセージを頂きました。

ouen

これに象徴されるように、非常に地元の人のホスピタリティがあふれる大会でした。
公式のエイドだけでなく、近所の人が私設のエイドをつくって参加者に色々なものを振るまわれていましたよ。

バナナやチョコなどの定番だけでなく、コーヒーや紅茶のサービス。おにぎり。果物などだったのですが、たまに「スルメやピーナッツなどのおつまみ系」などもありました。
一番驚いたのは「泡盛」なんてのもありました。しかも魔の35kmあたりで(笑)
さすがのお酒好きの僕も「誰が飲むねん」と思っていたのですが、Y専務に聞くと飲んでいた人がいたようです。上には上がいるもんだ。と思いました。

沿道の応援も非常にたくさんの地元のボランティアの方がおられ、
「地元に密着したいい大会だなぁ」
とつくづく感じさせられました。

人気の秘密が解ったような気がします。

ただ、問題が一つだけありました。それは駐車場です。
帰り道、駐車場から車を出さないと帰れないのですが、なんと一時間経っても車10台分くらいしか進まないくらい混んでいるのです。

僕たちの駐車場は、端っこのほうだったので裏道の堤防沿いを通って脱出したのですが、Fさんはその作戦も出来なかったようです。

次回は、公式の駐車場を使わずに、どこか私設の駐車場を見つけて止めたほうが帰りがスムーズかもしれませんね。見つかるかどうかはわかりませんが。。。

まあでもトータルとして、本当にいい大会でした。

ということで、自分的に今年の目標として

・トライアスロン(オリンピックディスタンス)の完走
・フルマラソン完走

の二大目標をかかげていたので、とりあえず今年の目標はクリアしたというわけですね。

来年は下記を目標としてトレーニングにはげむ予定です。

・トライアスロン(オリンピックディスタンス)の3時間切り
・フルマラソンの4時間切り
・トライアスロン(ミドルディスタンス)の完走

これもクリアできればとうとう再来年には念願のフルトライアスロンの完走が視野に入っています。

今の自分の実力では、タイム的にまだまだ完走レベルには達してませんので頑張って行きたいと思っています。

<関連するブログ>

セカキタ先輩の記事
http://www.kitagawa.cc/uncategorized/2480

Y専務の記事
http://ameblo.jp/posi-yama/entry-10717371763.html

<フォトアルバム>

 

Post to Twitter

大阪・淀川市民マラソンでハーフ自己ベスト更新

logo

自宅の近所のマラソン大会に参加してきました。
今回はハーフの部で出場しました。

フルの部もあったのですが、二週間後に知人たちみんなで福知山マラソンでフル初チャレンジすると約束していたのでハーフにしました。

おもてなし日本一をめざす。 大阪・淀川市民マラソン
http://www.osaka42195.com/

ここ最近、どんどんマラソンがブームになっているようで、この大会も昨年の参加者8150名から14175名に増えていたそうです。ほぼ倍ですね。
ブームに乗せられた人がそれだけ多いのでしょうね。ボクもそのうちの一人なんですけど(笑)

 best

 

 

ということで結果です。

kansou

<結果>

ハーフマラソンの部(男子):746位(総合順位832位)

記録:1時間46分14秒(ネットタイム:1時間45分46秒)

 

正式な参加者数はみあたらなかったのですが、名簿でカウントするとハーフ男子が
4990名、ハーフ女子2191名の参加者だったようです。

男子では4990名中で746位、男女合わせて約7000名中の832位ということなのでしょうか?
とりあえずは真ん中よりも前だったのでよかったです。

記録としては、前回の松島のハーフマラソンがネットで1:55:51だったので、ベストタイムを10分更新することが出来ました!!やったね

 

 

 

コースはこんな感じで川沿いのフラットなコースでした。風は結構ありましたね。

map

 

<ガーミンの記録>

淀川市民マラソン(ハーフ) by kenskey at Garmin Connect – Details
http://connect.garmin.com/activity/56059773

1km毎のペース

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
5:05
4:41
4:40
4:48
4:45
4:47
4:46
4:52
4:50
4:51
4:55
4:54
4:57
5:10
5:00
5:09
5:22
5:18
5:22
5:35
5:46
—————- ———
AVG 5:01

 

前回の松島ハーフの時の平均は5:27だったのですが、今回は25秒近く伸びてますね。
たった一ヶ月でこれくらい伸びたというワケではなく、たまたま今回はフラットなコースだったので記録が伸びたワケなのですが、それでも嬉しいものです。

 

 

ということで一日の流れを振り返ってみます。

前日は娘の七五三参りということで、親戚と食事会だったのです。
そのため、ついついお酒も進んでしまい体重も予定よりはだいぶオーバーしてしまいました。(予定72kg->推定74kg)

前回の松島の時も、前の日の晩は食べ過ぎ&飲み過ぎだったので同じ条件と言えば同じ条件なのですが、、、
まだまだストイックな人間にはほど遠いですね(^^;

9時スタートだったので朝は6時に起床。
起きたばかりでお腹はまったく空いてなかったのですが、直前に食べるとスタート時までに消化出来ないので、前の日の晩にコンビニで買っておいたスパゲティをお腹に押し込みました。

準備を済まして7時15分ごろに出発。近所だったので自転車で会場まで向かい7:30には会場入りしました。

結構寒かったのでマンモス大会恒例のトイレ渋滞がヒドイと判断し、とりあえずトイレに向かいます。
その時間はトイレ一個に対して5名くらい並んでいるだけでしたので、3分ほどですることが出来ましたが、女性(男性の大も兼用)のほうはすでにずらーっと100人ほど並んでいました。女性のトイレって本当に大変ですね。

その後、全員でストレッチをやり開会式です

kaikai
開会式の様子

とりあえずゲストの高橋尚子さん(Qちゃん)を見たかったのですが、主賓の挨拶が長くなかなか出てきません。
仕方が無いので、8:15頃に最後のトイレと言うことで「ちょっと早いかな?」と思いつつも再度トイレに向かいました。

すると、これがさっきとはうってかわってすごい渋滞になっていました。

toire 
すごいトイレ渋滞

トイレ一個に対して50人くらい並んでいます(@.@)
もちろん女性側の渋滞なんて、後ろが見えないくらいでした。。。

結局、20分以上並んでやっとトイレを完了しました。時間はすでにスタート20分前です
私の後ろにもまだまだ人がいたのですが、スタート前に出来たのでしょうか、、、心配です。
やはりこういうマンモス大会には携帯用のトイレを持って行くのも作戦の一つなのかなぁと思いました。

 

 

 

さて、9:00になりいよいよスタートになりました。

start

自分の中の目標としては1時間50分切りだったので1kmを5:10ペース平均で行く予定です。

スタートの渋滞をなんとかすり抜け、いい感じのペースの集団に混ざります。
手元のガーミンを見てみると5:00/kmを切る位のペースでした。

「前半は押さえていけ」というマラソンの鉄則にしたがい、それほど無理のないペースです。練習でこのペースは自分にはかなり負荷が高いのですが、やはりレースとなると全然違いますね。アドレナリンでも出ているのでしょうか?

 

 

 

私の入っていた集団ですが、最初の一キロは5:00/kmペースだったのですが、スタート渋滞をこえてばらけてきた当たりで、自分でも気づかないうちにいつのまにかペースが上がっています。前述のペース表を見てみると、どうやら4:45/kmペースくらいで走っていたようです。

レースでは一人で走るのと違い、まわりにたくさん人がいるのでついつい引っ張られるのでしょうね。今のところ、それほどしんどいペースでも無かったので行けるところまでついて行くことにしました。

このペースで行けば、1kmあたり目標より25秒も貯金が出来ることになります。
この時点でのボクの心の中では
「半分をこのペースで走り切れば、後半は5:30/km平均でも目標はクリアできる」
という感じでした。
5:30/kmペースであれば、いつものジョギングで12kmを走っているペースだったので自信はあったのです。

 

 

 

いい調子でどんどん走っていきます。
沿道では、かなりたくさんの人が応援してくれています。

エイドも2kmくらいおきにありました。ドリンクは水だけだったのですが、バナナやオレンジ、その他の食べ物なども充実していました。

スタートからずっと快調だったのですが、やはり自分にはまだまだオーバーペースだったのでしょう。7kmを過ぎたあたりからそろそろ疲れが出てきはじめました。
しかし、気合いが入っていたのでとりあえず折り返しまでは頑張ろうと思い、なんとか集団について行きます。

枚方大橋付近の折り返しもすぎて、13kmあたりまではなんとか5分/kmペースは維持できていたようです。

さすがに13kmも走ると、自分では結構ペースを上げているつもりでも結果が出なくなってきます。
ガンバリ度は最初の5kmの2倍以上は頑張ってるつもりでも、タイムはずるずると下がっていきます。
このあたりが一番苦しいところですね。逆に言うとガンバリどころです!

無理をしないようにペースを若干落として15km付近までたどり着いたところ、目の端に沿道でハイタッチしている女性がぼんやりと見えました。
「えらいフレンドリーな人だなぁ」
とボーッと見ていたのですが、すれ違いざまによく見てみると、高橋尚子選手でした!!!

うあ、と思ったのですが、私はコースの右側を走っており、左には何名か人がいたのでハイタッチできませんでした(涙)
せっかくなので、ちょっと戻って改めてハイタッチしてもらおうかなぁと思ったのですが、さすがにそこまでの気力もなく、そのまま走り続けました。
返す返すも残念です。。。

しかし、Qちゃんはものすごくサービス精神が旺盛ですね。人気の秘密を垣間見たような気がします。

ちなみに、Qちゃんという愛称の由来は、高橋尚子の「尚」の字がおばけのQ太郎のQちゃんに似ているからだそうです(豆知識ですw)

 

 

 

鳥飼大橋を越えると、残り5kmです。
最後の踏ん張りどころなのですが、このあたりから気力の勝負です。
まだ二回しかハーフを走っていませんが、このあたりは時間の経つのがものすごく長いような気がしますね。

同じようなガンバリでも、ペースがどんどん落ちてきます。
5:00/kmペースをオーバーすることも増えてきたのですが、前半の貯金のおかげでなんとか目標タイムは達成できるような見込みが出てくるのもこの頃です。

また、残りの距離が少なくなってくると、ついつい計算してしまい
「どうせ頑張っても1時間40分は切れそうもないなぁ」
「んじゃ、目標の50分を切るペースなら少しラクしてもいいかなぁ」
と、ついつい自分に甘くなってしまうのです。
この誘惑は非常にやっかいです。

一説にれば、体力の限界に近づくと脳が身体を休ませるために様々な誘惑を人間に与えるようです。
「なんでこんなしんどいことを自分はやってるんだろう」
等と無性に意味不明の怒りがこみ上げてくるのもそのせいだと言われています。

さすがにそこまで限界ではなく怒りの気持ちは無かったのですが、自分に甘くなる誘惑と戦いを続けながら脚を進めていきます。

 

 

 

最後の中央環状の橋を過ぎ、残りは2km少しです。
しかし、なぜかあと2kmあるのにも関わらずあと1kmと錯覚してしまいました。
原因は不明なのですが、やはり相当疲れていたのでしょう。

ラスト1kmだーー。ということで、気合いを入れてラストスパートをかけたのです。
100m位走ってから
「どれくらいペース上がったかな?」
と時計を確認した時に残り距離を勘違いしていることに気づきました!

そのときです。ボクの心がポッキリと音を立てて切れてしまいました。。。w

残りの2kmはホント辛かったです。。。
周りではラストスパートをかける人が多く、ドンドン抜かれていきます。
ほんと、100人くらいに抜かれたのではないでしょうか。

ゴールが近づくと、観客も増えて
「あともうちょっと、ガンバレー!」
などと励ましてくれるのですが、頭をチョコっと下げる気力も残っていませんでした。

ということで、なんとか無事ゴールできました。

 

 

 

ゴールにたどり着くと、知人が待ってくれていたようで写真を取ってもらいました。

goal

フラフラだったので、愛想もへったくれもない対応をしてしまい反省しています。M永さんすいませんでしたm(__)m

とりあえず水分補給と言うことで、ゴール後にサービスしてくれたVAAMを流し込み(しかも2本も)我慢していたトイレに行きました

ブースにはマッサージを1000円くらいでやってくれるコーナーもあったので、とりあえず次の日に疲れを残さないようにやってもらいました。
おかげで、今日は脚の調子はぜんぜん大丈夫なようです。やはりマッサージは大事ですね。

その後、選手にサービスの「豚汁」と「おにぎり」を頂きました。
両手に持っていたので写真はないですが、レース後の冷えた身体にしみこむほど美味しかったです。

その後、フルに出ている知人を出迎えたりいろいろする予定だったのですが、嫁さんに電話をしたところ、腹痛で調子が悪い言うことで早々に会場を出て家に向かいました。

一緒に参加されてた知人のみなさん、先にさっさと帰ってしまってすいませんでしたm(__)m

 

 

 

いやー市民マラソンとは言え、さすが大阪です。
結構気合いが入っていて、走らない家族なども楽しめるようにいろいろと趣向が凝らされていました。

来年はぜひフルマラソンのほうに出てみたなぁと思う大会でした。

さて、フルマラソンデビューの福知山マラソンまであと二週間ほどになりました。
いまさらジタバタしてもどうにもならないとは思うのですが、なんとか体調をキープして完走したいと思っています。

それではまた。

 

 

"淀川市民マラソン" の表示
フル アルバムを表示

Post to Twitter