Entries Tagged as ''

「よさの大江山登山マラソン」に参加しました

先日、世界の北川社長(通称セカキタ先輩)と一緒に「よさの大江山登山マラソン」というのに参加してきました。

panf

大阪駅から2時間ほど電車に乗って福知山駅に到着、さらに30分ほど送迎バスでかかるくらい遠い場所でした。京都府といっても、奥の方は遠いですね。

結果はなんとか完走は出来たのですが、男子40歳以上の部で165位(237名中)で、タイムは3時間28分28秒でした。

 

kansou

ということで、簡単に当日のレポートです。

 

当日走ったコースは下記のような感じでした

map

獲得標高は1000m以上ありそうな感じですね。

スタートして2kmほどは緩やかなアスファルトの登りでした。
まわりに引っ張られながら5分30秒/kmくらいのペースで快調に走り出します。

yosano1 スタートはこんな感じでした

R176から外れた頃から傾斜がだいぶんきつくなってきました。
それでも3km地点くらいまはなんとかペースを落としながらでも走り続けていたのですが、チラホラ歩いている人も出てきました。

ちょうど3kmを超えたとき、腕に装着していたガーミンのGPSがまたもやフリーズ。
ペースが解らなくなってしまいました。
それでテンションもちょっと下がってしまい、23kmの長丁場と言うこともあり早歩きで登る作戦に切り替えました。あきらめが早いです(笑)

 

スタート地点からちょうど7kmあたりから本格的な山道に入りました。
こここから約10kmは山道になります。

yosano2 山道はこんな感じです

山道はそれほど広くない所も多く、登りは結構歩いている人の後ろを付いて歩くことが多かったです。
たまに下りになるので、そのあたりはみんなボチボチ走り、また登りになると歩いて登るという感じでした。
もちろん、先頭集団の人はそんなことはなくガンガンみんなで走っていたんでしょうね。
それでも8分~12分/km位のペースでなんとか10kmを走り切りました。

3つめの山を越えてからの下りはかなり足にきました。
かなり足場が悪いのに、びっくりするようなスピードで抜いていく人もいましたよ。
あのスピードでこけたら大怪我するんじゃないかなぁ。。。。

とりあえず、私は怪我しないようにソロソロと降りていました。

 

17km付近のエイドを過ぎると、またアスファルトの道路に出てきました。
ここから20km付近の古墳公園まではひたすら下りの道が続きます。

後半の苦しい時期に丁度いいくらいの下り道で助かりました。
このあたりは6分~6分15秒/kmくらいのペースで走ることが出来ました。

古墳公園を越え、R176に入ります。ここからの残り約3.5kmはだらだらした登りが続きます。
最後の踏ん張りどころです。

残り2kmを超えたところで時計を見ると、7分/kmペースで行けば3時間30分は切ることが出来る事がわかりました。
最後の軽い登りで辛かったのですが、ペースを上げてR176SL広場前の信号を左折しました。そこから最後の戦いが始まったのです。

左折した瞬間、ゴールの大江山運動公園までは結構な上り坂が続くのです。
距離的には200m位だと思うのですが、バスで通ったときはそんなに感じなかったのですが、20km以上走ってきた脚には辛すぎる坂でした。
タイムがあったのでなんとかモチベーションを保つことが出来たのですが、あきらめて歩いている人も多かったですね。

そして、無事大江山運動公園に入り、最後のトラック1周しなんとかゴールしました。

 

ゴール地点では、3時間を切って帰ってきたセカキタ先輩と、セカキタ先輩の社長仲間のF社長が出迎えてくれました。

from_kitagawa
左がF社長、真ん中はセカキタ先輩です

 

その後、おにぎりと豚汁のサービスがあったのですが、ボクはヘトヘトでナンにも食べる気がせず、ひたすらスポーツドリンクばかり飲みまくっていました。

セカキタ社長とF先輩は、僕を待っている間に回復したみたいで、パクパク美味しそうに食べられていました。

その後抽選会があり、私は地元産のピーマンが当たりました。
なんと、セカキタ先輩は10名しか当たらないと言われる「米5kg」をげっとしてはりました。
さすが、世界を舞台にして活躍される人はクジ運もいいのですね。あらゆる意味で完敗です。。。w

 

今回の大会に参加して思ったのですが、自衛隊の方を含め、町の方みんながこの大会を盛り上げていただき、本当に暖かいアットホームな感じがしました。

お弁当の引き替えや最後の抽選も、一応パンフレットにチケットはあったそうなのですが、それに気づかなかった我々にも、快くサービスしていただきました。 走っている最中も、コースのあちらこちらで「がんばってー」という応援をいただけました。

本当にありがたいことですね。

でもヨボヨボのオバアチャンに「がんばってー」と声をかけられ、「そちらこそ頑張って-」とついつい返事したくなったのですが、やめときました(笑)

ま、そんなこんなで楽しい一日になりました。
来年も、タイミングが合えばぜひ参加したいなぁという感じですね。

次回の大会は、10/10の松島ハーフマラソンです。11月の福知山マラソン(フル)出場に向けて、頑張って二時間切って走ってくる予定です!(あー、言っちゃった)

 

 

Post to Twitter

赤穂トライアスロン完走

昨日、9/5(日)に兵庫県の赤穂海浜公園で行われたトライアスロン大会に参加してきました。

第21回 赤穂トライアスロン大会
http://www.htj.gr.jp/outline/akou-triathlon.html

この日は京都で最高気温39.9度を記録したという猛暑日で、会場の赤穂市もびっくりするくらい暑かったです。
しかも、スタートは一番暑い13:00という過酷な条件でした。
まあでも、みんな同じ条件なので文句は言えません。
そもそも過酷なのがトライアスロンという競技なのでそんなことでひるんでいてはやってられないのです(笑)

 

結果ですが、なんとか完走できました。

 2010y09m07d_091817765

総 合:140位 / 214名中
年代別: 38位
記 録:3時間22分56秒(3時間12分52秒)

◆パート別のタイム
スイム: 36分54秒(32分49秒)
バイク: 1時間28分52秒(1時間31分52秒)
ラ ン: 1時間17分10秒(1時間8分11秒)

 

()内は7月の舞洲の時の記録なのですが、バイクがちょっとだけ早かったのですが、スイムもランも前回よりもタイムが悪いです。
ちなみに、バイクは舞洲の時は橋を渡る時にかなり登りがあったんですが、今回はほぼフラットなコースでしたので、タイムが上がって当然なのです。

大阪国際トライアスロン舞洲大会に参加してきました
http://www.yamasaki.to/blog/bicycle/entry530

ということで、当日のことを振り返ってみます。

 

スタートは13:00とゆっくりだったのですが、念のため余裕を持って大阪を7:30に出発し、途中の龍野西SAで朝食を食べて会場には10:00前に到着しました。
受付を済ませ車で45分ほど仮眠し11:30頃より準備開始

12:00に競技説明会があり、その後荷物をトランジションエリアにセットしスタートを待ちます。

IMG_0034
説明会の様子

 

スイムはフローティングスタートだったため10分前に入水したのですが、水ではなくお湯でしたね。温水プールとかそういうレベルではなく、半身浴するときのぬるいお湯くらいの温度でした。
しかも視界はほぼ0でした。においは舞洲のように臭くなかったのでまだましですが、視界0はかなりきつかったです。
みなさん「やっべー」という顔をしていたのが印象的です(笑)

スタートのポジション取りで最前列はとれなかったので、二番手からスタート。
バトルのはじまりです。
これだけ水温が高いとバテバテになるのが目に見えていたので、無理せずバトルになったらなるべく譲るようにしましたよ。なんて紳士的なんだ。

スイムは、ひょうたん型をした池をぐるっと回るイレギュラーなコース

2010y09m07d_091455234

橋の下をくぐるときは、かなり混み合いました。

蛇行してタイムロスした前回の教訓をふまえ、練習してきた前方確認をマメにやりながら最短コースを進んでいきます。
前回の舞洲の時よりも結構ペースはあげてしまったので、水温の高さもありかなり頭に血がのぼってしまいましたが、なんとかスイムを終了。

泳いでいるときは自分がどれくらいの位置にいるのか解らないのですが、まあまあ前のほうでスイムを終えたような感じです。 
30分は切れたと思います。もしかしたら26分くらい?

しかし、ここで一回目のトラブルが!

岸に上がる直前、足を切らないように特設の台?があったのですが、視界が0のため、その台に思いっきり鼻をぶつけてしまったのです(笑)

ちょっと凹みましたが、鼻血も出ていないようでしたのでとりあえずトランジションエリアに入りました。

ここでもトラブルが!

暑さで頭がぼーっとしていたせいか、方向をまったく逆に思い込んでいて、思ったところに自転車がないのです!
結局、ほぼトランジションエリアを一周し、なんとか自分の場所を見つけました。

買ったばかりのガーミンの心拍計を付けたところ、180近くまで上がっていたので少し落ち着かせるためにスポーツドリンクとエネルギーゼリーを補給しながらゆっくりとバイクの準備をしました。
スイムが結構早かったので、エリアは全然すいていたのでちょっと余裕をカマしてしまいましたね。。。

 

迷走&準備を含め10分ほどで心拍数も落ち着き、いよいよバイクのスタートです。
バイクは公園内を8往復します。

公園なのでコンクリートだけでなく、ちょっと石畳的なところもあるのでちょっとスピードはロスしそうな感じでしたね。

舞洲では35kmほどで巡行出来ていたので、最初の一周をそのペースで走っていたのですが、自転車の練習不足がたたったのか、そのペースをキープするのは無理と言うことに気づきました(笑)
無理してランにひびくとまずいので、30kmペースに落としたのですがそれすら必死でキープしている状態でしたね。
ランを1時間で走れば3時間を切れる時間を目標に走っていたのですが、足が付いてきません。。。

結局、フラットなコースにもかかわらず、登りが結構あった舞洲とタイムはほとんど変わることが無くバイクを終えました。

 

さて、問題のランです。
ここ二ヶ月ほど、ランを中心に練習してきたので1時間は切れると思っていたのですが、それはやはり甘かったです(^^;

時計を見るとスタートから2時間5分が経っているようです。
3時間を切るためには、ランを55分ほどで走らないといけないわけですね。 つまり5分30秒/kmペースです。

通常の練習ならなんとかそのペースで10kmは走れると思うのですが、この暑さと疲れ切った身体でいけるかどうかという所です。

とりあえず気合いを入れ直し5分30秒/kmペースをキープして1kmを走ったところ、暑さで頭がぼーっとしてきて体が異常に熱くなりちょっと頭痛もするようになりました。

どう考えてもこのペースで10kmは無理です。
しかも、無理して熱中症で倒れでもしたらえらいことです。
その時点で私の心はポッキリと折れました(苦笑)

とりあえず、残りの1kmをゆっくりと走りエイドステーションにたどり着いたところで休憩です。
ポカリをガブガブのんで、水を頭からザブンとかけてもらってしばらく休憩すると、なんとか頭の痛さはマシになりました。

まあ、これならなんとか完走は出来そうだ。ということで、再スタートしたわけなのですが、すでに3時間切りという目標も無くなり、暑さとしんどさで心はもうマイナスイメージだらけです。

「なんでこんなにしんどいねん!」
「もうトライアスロンに出るはやめた!」

など、やり場のない怒りを心に秘めながら、日陰でちょっと歩いて心拍数を下げつつ周回をこなして行きました。
結局10kmのうち1/5くらいは歩いたような感じですね。

 

とまあ、そんなこんなでゴールしたわけなのですが、なにやら自己嫌悪でいっぱい完走した喜びもまったくありませんでした。

ゴールしてシャワーを浴びたりしてしばらくぼーっとしていると、続々と完走した人が喜び満面で帰ってこられました。

それを見て
「ああ、タイムなんてこだわらずに、とにかく完走すること自体が大事なことなんだなぁ」
と、改めて気づかされました。

そういえば舞洲の時は完走が目標だったため、無理せずマイペースで最後までいけました(膝痛はでてしまいましたけど)
それが結局タイムに反映されたのでしょうね。

今回は、「時間、時間」と自分を追い込んでしまい、結局オーバーペースになって自滅してしまったのでしょう。
それに気づいた瞬間、またフツフツとやる気が湧いてきました。

今年はもうトライアスロンにエントリーはしていないのですが、来年のシーズンに備えていい課題が見つかりました。
来年も頑張ってトライアスロンにチャレンジし続けてみようと思っています。

トライアスロンがシーズンオフの間は、苦手のランを克服したいと思っています。

とりあえずの目標は11月の福知山フルマラソンです。一気にとはいきませんが、ボチボチトレーニングを積み重ねてがんばっていくぞー!

Post to Twitter