Entries Tagged as ''

Secondlife Viewer2 β が公開されて思ったこと

昨日、セカンドライフの新しいビューワー2のβ番が公開されました。

2010y02m25d_115032406 
Second Life Viewer2 Beta
http://secondlife.com/beta-viewer/

 

ざくっと触ってみたところバージョン1.xの時と比べてかなりユーザーインターフェースがかなり変わっていました。

どちらかというと、ブラウザに近いインターフェイスになっているので、このビューワーからセカンドライフをはじめる方には直感的にわかりやすくなっていると思います。
前のバージョンのUIに慣れてる我々は、ちょっと戸惑ってしまうところもありますけどね。

YouTubeのSLチャンネルにはイントロダクションやチュートリアル動画などViewer2に関する動画がたくさんあがっていますので、そちらを見てみてください。
もちろん英語ですが、画面を見てるだけでもなんとなくどういう事が出来るかわかると思います。

YouTube – Secondlife さんのチャンネル
http://www.youtube.com/Secondlife

 

前のバージョンと比べて変わった点はいろいろとあるのですが、私が特に嬉しかったのは「Webサイトをシームレスに使える」という事ですね。

以前のバージョンでも使えたのですが、大分洗練されました。
つまりセカンドライフ内のオブジェクトにメディア(webサイト)などをテクスチャとして埋め込めるのです。

文字で書くとわかりにくいので、画像で紹介します

Snapshot_003 
twitterを使っている様子
もちろん、ここから書き込みやスクロールも出来ますよ。簡易Webブラウザみたいなものですね!
日本語は入力できないみたいなので、エディタなどからコピペしましょう!

 

Snapshot_004 
YouTubeを見ている様子
flashにもちゃんと対応しています!

 

こんな感じですね。

セカンドライフ内で仲間同士でいろいろなwebサイトや動画を見ながらワイワイガヤガヤ出来るわけです。

これを使えば、サッカーや野球などのパブリックビューイング的なことも気軽に出来ますね。

一人でTVの前でブツブツ独り言を言いながら応援するのと、みんなで集まってワイワイガヤガヤおしゃべりしながら応援するのとでは楽しさが全然違ってくると思います。

つまり家のPCの前にいながら、実際に会場に行って観戦する醍醐味を味わえるわけです。
そりゃ、実際に会場に行って観戦するのが一番でしょうが、なかなか時間やお金の問題もあり難しいですものね。
そのあたりがバーチャルワールドのいいところだと思っています。

 

現在、3Di社がOpenSIMを利用し、Webブラウザの中からバーチャルワールドを動かせるようなシステムを作っておられます。
昨日もUFOに関することで知られる矢追純一氏のトークショーが開催されたところです。

矢追純一のUFO談義 | 3Di Immersive Seminar
https://seminar.3di.biz/invitation/8tq75

3D空間でセミナーを開催できるSaaSソリューション|3Di Immersive Seminar
http://seminar.3di.biz/

 

このように、

・Webブラウザの中でバーチャルワールドを利用する
・バーチャルワールドの中でWebブラウザを利用する

と、方向は違うのですがリンデン社も3Di社も目指すところ同じだと思います。

 

つまり、Webブラウザのいいところとバーチャルワールドのいいところをミックスするのが一番いい使い方なのでしょう。

どちらもまだまだハードが追いついていないので、少々使いにくい面もありますが、そういうのは時間がたてば解消されるでしょう。

 

 

最近はtwitterやUstreamなどが話題ですが、その両方に共通しているのはリアルタイム感ではないでしょうか?

twitterみたいに、疑問を投げかければすぐにレスポンスが帰ってくると言うリアルタイム感
Ustreamのように、準備をしていなくても撮影チャンスがあればすぐにiPhone等の携帯端末でストリーミング中継が出来るリアルタイム感

それがmixiやfacebook等によりソーシャルにどんどん広まっていくわけです。

特にtwitterはここ最近のブレイクにより、身近な人たちがどんどん使いだしさらに便利になってきています。

今や、メールを使うよりもtwitterのDMを使う方が多いくらいです。

本当に面白い時代になってきました。

 

しかしリアルタイムというポイントで考えると、いろいろなWebサービスよりもバーチャルワールドを使うのが一番だと私は思っています。

場所の制約が無いということ以外は、まさにリアルの世界と同じリアルタイムです。

もちろん、twitter等の方が一度にたくさんの人に伝えたり出来るのが魅力なので、そういう点では負けるとは思うのですが、同じ時間を共有する事によるエンゲージメント(つながり)はtwitterよりもかなり深くなります。ここがポイントですね。

ここ最近、顧客とのエンゲージメントを高めようと各企業がtwitterをユーザーサポートや広報として使い出しているのはそのせいだと思います。それもこれもtwitterユーザーが増えたことにより、企業が固定費を使ってでもtwitterを使うことがメリットになるという環境が整ったからだと思います。それに比べるとバーチャルワールドではまだまだですが、すでにアメリカのほうでは大分進んできているようです。

SNSやtwitter等の次に来るのはやはりバーチャルワールドと考えているのは間違えていないなぁとつくづく実感しました。

 

とにかく、新しいセカンドライフビューワーを使ってなにか新しいことが出来るんじゃないかと思ってワクワクしている最中です。

Post to Twitter

偶然ってあるもんだ、、、

今朝、twitterを見て驚いた。某大手ホスティング会社の社長がこのブログのことをパチモンとけなす書き込みがあったからだ。

早速その人のサイトを見てみると、、、

2010y02m24d_103626046

なんと、うちのサイトとデザインがまったく一緒ではないか!

しかもブログ名が「北川貞大の、レンタルサーバー魂」ということで、「実名+○○魂」というところまで全く同じです。

調べてみると2008年の10月からやってるみたいなので、確かにパチモノ呼ばわりされても仕方がないところはある。

なにやら、ブログの該当記事を読んでみると

ちょっと国際法廷で訴えてこようと思う。

とまで書かれているようだ。困った!

 

しかしよくよく考えてみると、私に全く身に覚えがない話なので訴えられる筋合いはないと思う。

しかも、私のブログを読んでインスパイアされて、この人の方がそっくりそのままパクったとすればどうだろう?私も昨年の12月からやってるので、今年に入ってからパクられたとするとつじつまが合うのではないであろうか?

 

確かに、google検索のキャッシュ等には残っているかもしれないが、そこはIT企業の社長である。その辺の操作などはお手の物なのであろう。

 

ほんと

偶然ってあるものなんですね!

 

 

<追記>

 

ふと自分の過去のエントリーを見返してみるとこんな記事を書いていたようです。いやー、年を取ると物覚えも悪くなるものですね

Post to Twitter

iMapMyRun – iPhoneで簡単に走ったルートや距離、スピードなどを計測でき、twitterでつぶやけるアプリ

最近、マラソンのトレーニングを始めました。

ただ単に走るだけではつまらないのでサイクルコンピューターのような走った記録を取れるようなものをさがしていたところ、とあるiPhoneアプリを見つけました

iMapMy
http://www.imapmy.com/

マラソン用だけではなく、自転車用(iMapMyRide)やウォーキング用(iMapMyWalk)などもあるようです。

と言うことで、早速紹介してみます

 

<出来ること>

 

・走ったルートをGoogle Mapに表示してくれる
・距離、速度、平均速度、ペースなどが記録できる
・データは別途Webサイトで管理可能
(ネット経由で自動UPされるのでUSB接続などは不要)
・twitter連携機能
(データを簡単にtwitterに送信できる。一定時間毎にデータをpostする事も可)

等々です

 

<インストール>

 

  1. AppStoreからiMapMyRunをダウンロード
  2. Webサイトと連動しているようなので、アカウントを作成(iPhone内から可能です)
    URL: http://www.mapmyrun.com/

以上で準備は終了です。簡単ですね

twitterと連携したい人は、設定ページでtwitterアカウントを登録しておきましょう

 

<使ってみる>

 

◆まずは、自分の居場所をGPSで捕捉します

IMG_1059

GPS ONという右の黄色の部分が緑に変わればOKです。

 

◆走っている最中は、下記のように

・経過時間
・スピード
・1km毎のペース
・平均速度

等を見ることが出来ます

IMG_1060

 

 

◆音楽を聴きながら走れるようにiPodアプリのコントロールメニューもありますよ

 

IMG_1061

 

 

◆トレーニング後は下記のように、走ったルートが表示されます

スタート地点、ゴール地点にピンも立ちますよ。

中身はgoogle Mapなので、拡大縮小ももちろん可能です

 

IMG_1062

Show Elevationというボタンを押すと、高度も表示されます。すごく便利ですね

 

◆トレーニングの結果

下記のような結果を表示してくれます。

IMG_1063

 

上の画面では下に隠れて見えていませんが、この内容をtwitterでつぶやくボタンもあります。こんな感じです。

Completed (Run): Distance 6.84 km, Duration 0:49:57, Pace 07:18 min/km, Speed 8.2 kph. #iMapMyRu

 

 

◆twitter連携について

twitterの連携機能を設定すれば1km毎(任意)に自動でtwitterで報告してくれたりします。こんな感じです。

In progress: #iMapMyRun Distance 2.00 km, Duration 0:19:14, Pace 07:41 min/km, Speed 7.8 kph.

だれかにみられていると思うと、モチベーションもちょっと上がりますよね(^^)

 

 

<その他>

 

気になる電池の持ちですが、1時間くらいの利用であればほとんど減りませんでした(iPhone 3G利用)

スタートボタンを押すとしばらくすると画面がスリープモードになりますので、そのままポケットにほりこんでおくだけです。

その他、Webサイトにログインすれば、ブログに貼り付けるためのタグを作ってくれたり、目標を設定したり、トレーニングしている人通しのコミュニケーションも取れるようです

 

ブログにはこんな感じに貼り付ける事が出来ます

 

興味のある方はぜひ見てみてください(英語ですが)

MapMyRun.com
http://www.mapmyrun.com/

 

 

<思ったこと>

 

いつも持っているiPhoneで、走る寸前にスタートボタンを押すだけという気楽さが一番いいところですね。

また、twitter連携により、「誰かに見られている」感があるので、モチベーションが上がるってところもこっそりポイントであると思います。
まあ、ほとんどの人は見てくれてないと思いますが(笑)

 

RUNだけでなく、iMapMyRideという自転車用のアプリもありますのでチャリンカーな方はそちらも同じように使えると思います。

 

ちなみに、私は両方入れましたが、色以外の違いがあまりわかりません、、、、買うのは一つでいいのかもしれませんね。

Post to Twitter

InBodyで筋肉量や脂肪量などフィットネスにまつわる身体の分析をしてもらいました

日曜日、私の通っているグンゼスポーツクラブでInBodyという機械を使って体成分を検査してもらうというイベントがありました。

inbody InBody730

だいたい4~5ヶ月に一度くらいの頻度であるみたいなのですが、トレーニングを始めたばかりなので、今後定期的に計測することによりどのように筋肉量や脂肪量が減っていったのかを記録していきたいと思います。

ということで、今回の検査結果をpdfで公開です。

 

 

ということで、そのうちめぼしいところだけピックアップしてみます

 

<総合判断>

体脂肪率とBMIからはじき出されるようです。

2010y02m15d_131811672 

理想的とまで言われていますね。

筋肉をつけるために、ここのところちょっと食べ過ぎて家の体重計では体脂肪があがっていたのですが、それでもいい感じのようです。

次回は、今の★印よりももう少し下に、かつ左に移動できるように頑張ります!

 

<筋肉の分布>

これは、体の各部分の筋肉量を視覚的に表現しているようです

2010y02m15d_131850842

これを見ると、体幹部分(腹筋、胸筋、背筋など)は標準で、腕と下半身の筋肉量は標準よりも少し多いようです。

たしかに痩せてからは、上半身が貧相になっていたのでそのままですね。

まあでも、それほど少なくなかったので安心しました。

 

 

<フィットネススコア>

全分析を基に、メーカーオリジナルの判断で数値化したようなものだそうです。

詳しい計算式などはスポーツクラブの人も知らなかったようです。

2010y02m15d_131923940

これを見てみると、一般とアスリートのちょうど間だくらいですね。

次回はアスリートになれるように頑張るぞ!

 

 

<思ったこと>

こうやってすべて数値データを取っていって蓄積すると、すごくモチベーションアップになりますね。

ダイエットをしたときに思ったのですが、レコーディングをするだけでドンドン体重が減っていくのも、数値化することによりモチベーションが持続するというのが大きいと思います。

ですので、トレーニングのほうも出来るだけ数値化してデータをためていくようにしています。

具体的には

  • サイクルコンピューターを使って、速度や距離、心拍数などを記録
  • 筋トレは、どの種目を何回やったか。またその時の感想(軽かった・きつかった等)
  • レコーディングダイエットに追加して、筋肉量、体脂肪率の推移

という感じですね。

これは、やってみないとわからないと思いますがすごくモチベーションアップになりますよ。

 

ぜひ、皆さんもデータを数値化して見てください。オススメです。

Post to Twitter

パーソナルトレーナーさんにトレーニング指導を受けることにしました

半年で20kgのダイエットに成功して3ヶ月を超えました。

ダイエットのブログは別にありますので、詳しくはそちらのブログを見てみてください。
http://diet.komeou.com

現在は、ほぼ標準体重をキープしているのですが、痩せたおかげで鏡で自分の体を見ると、ちょっと貧相になっていたような気がしていたのです。

もともと学生時代にスポーツをしていたので、自分では筋肉質なほうだと思っていました。つまり
「この脂肪の奥には筋肉が隠されているんだ」
と自分で思い込んでいたわけですね(^^;

しかし、いざ脂肪が取れてみると胸にあばら骨が浮き出し、自分で思っていたより腕もヒョロヒョロでなんかおじいさんのような体になっている現実を突きつけられてしまったのです。

年齢も40才を超え、「これではいけない!」と思ってトレーニングをして筋肉を付けようと思い立ったわけです。

 

いままでも何度もスポーツクラブに入会したりしたのですが、いつも1~2ヶ月くらいでやめてしまい、なかなか続きませんでした。

その経験をふまえて、今回はパーソナルトレーナーさんにお願いして肉体改造をしてもらうことにしたのです。

ダイエットの時にも思ったのですが、やはり「人に継続して見てもらう」ということが、モチベーションの持続には最適だと思ったからです。

スポーツクラブの会費に加えて、別途パーソナルトレーナーさんにお願いするお金も必要ですので結構コストがかかるのですが、それが
<せっかく高いお金を払うんだし、もったいないから頑張らなきゃ!>
という意識につながるのです。

これはパパイヤジュースダイエットの時に肌で感じたことなので、この方法であれば一番失敗が少ないのではないかと思っています。

 

ということで、早速昨日はじめてパーソナルトレーナーさんの指導を受けました。

まずはヒアリングです。私の希望は

  • 筋肉量を増やし、少々食べても太らない体になりたい
  • もうちょっと上半身に筋肉を付けてカッコイイ体になりたい
  • 短期的には、4月にヒルクライムのレースに挑戦するので体重を減らしながら心肺機能もUPしたい

という希望を伝えたところ。パーソナルトレーナーさんは大まかに下記のような方針を立ててくれました

  • 筋肉トレーニングは週二回(毎日やるよりも効率がいい)
  • 足や胸などの大きな筋肉を中心に全体的に鍛えていく

パーソナルトレーナーさんについてもらうのは週に一回。もう一回は自主トレです。

心肺機能のトレーニングは筋トレ以外の日に有酸素運動をやることになりました。そちらのほうはどれくらいこなせばいいかという相談になります。

 

と言うことで、ヒアリングが終わると早速トレーニングです

まずはスクワットから始まり、や胸の筋肉を付けるベンチプレス等、6種類くらいのマシンの使い方をざっと教えていただきました。

教えられるだけではなく実際にマシンを使いながら姿勢と意識すべき筋肉について指導が入ります。

トレーニングは同じマシンを同じ負荷で、12回・10回と2セットやるのが効率がいいそうです。

一回目なので「そんなに重い負荷でやらないだろう」とたかをくくっていたのですが、どれもこれも結構な重さでした。

だいたい6回目くらいで腕や足がプルプルし、こりゃもうあがらないや!という時にタイミング良く、ちょっとだけサポートしてくれるのです。

パーソナルトレーナーさん曰く

「そのギリギリの状態が一番効率よく筋肉が出来るのですよ」

「そこで、ちょっとサポートすることで<もう一歩>筋力を出せるので、その分がホントのトレーニングになるのです」

と言われました。

なるほど、そういうものなんですね。って感じです。

 

そうこうしている間に一時間の指導が終了しました。

もう汗がダクダクで前身が疲労でピクピクしています。その状態でストレッチ部屋に移りました。

私のお願いしたパーソナルトレーナーさんはマッサージの資格も持っておられるらしく、ストレッチと言うよりも疲労した筋肉をほぐしてくれるという感じでやってくれました。

そんなこんなで、一日目トレーニングは終了しました。

まだ、おもしろさもなにもわかっていない状態なのですが、決して嫌ではないので最低三ヶ月は続けてみようと思っています

 

スポーツクラブでお風呂に入って家に帰り、知り合いのプロ野球選手に<疲労回復にはアミノ酸が一番効くよー>と聞いていたので飲んでみました。

相当疲れていたので二本いっぺんに飲みました。

【味の素KK】「アミノバイタル」
http://www.aminovital.com/products/vital.html

トレーニングの最中、「こりゃー、明日はものすごい筋肉痛だろうなぁ」と思っていたのですが、このアミノ酸が効いたのか、ストレッチ&マッサージが効いたのかわかりませんが、これを書いている今現在、ちょっと違和感はありますが全然大丈夫です。

年を取ると筋肉痛は次の日ではなく二日後に来る。と効いたこともありますのでどうなるかわかりませんけどね(笑)

 

とにかく夏くらいには筋肉でたくましくなった姿をさらけ出せるようにトレーニングに励んでいきたいと思っています。

こうやってブログで宣言しましたので三日坊主で終わるとかっこ悪いですね。

こうやって自分を追い込んでいるわけです(笑)

Post to Twitter

メタバースカンファレンス2010に行ってきました

先週の金曜日、「メタバースカンファレンス2010」というイベントがあったので東京まで行ってきました。

Metaverse-Conference 2010
http://www.metaverse-conference.net/

 

主催は「メタバース協会」です。

この協会は3Dインターネットやメタバースと呼ばれるオンライン3D仮想空間サービスの普及に向けた共同・協業促進活動を行なっている団体です。

 

バーチャルワールド関係の仕事をしている都合上、こういうイベントには毎回参加するのですがほとんどが東京で開催されるため、いつも出張になります。

金曜日の朝、東京に到着し友人と昼ご飯を食べて会場に向かいました。

IMG_0821 

ざっと150名くらいの参加人数だったと思います。

メタバース関係の人はほとんど集まってましたね。私も久々にいろいろな人たちとお会いできて楽しかったです。

 

3Diの小池社長のセッションでは、3Dインターネットの海外の最新動向を紹介されていました。

日本ではまだまだですが、海外ではかなりいろいろなところで活用されているようで、非常に勉強になりました。

 

また、森ビル メディア企画室の矢部室長のセッションでは都市開発のプレゼン用に仮想空間を利用されている実例を紹介されていました。

ミニチュアの立体模型とバーチャルワールドを両方取り入れることで、顧客に最適なプレゼンを行えるというところが非常に興味深かったです。バーチャルワールドだけで完結するのではなく、いい部分をツールとして使うという姿勢ですね。こういう使い方ができる企業がどんどん増えてくれると市場も成熟してくると思います。

 

その後のパネルディスカッションでは、今後のコミュニケーションサービスにメタバースはどういう風に関わっていくのか?また、そのビジネス展開は?というテーマで進められました。

メタバース業界の有識者がざっくばらんにお話しされているのを聞けたので非常にいい機会になりました。

 

全体のカンファレンスで非常に面白かったのがtwitterの活用ですね。

#mc2010という専用ハッシュタグを用意されており、パネルディスカッションではパネラーの後ろのスクリーンにずっと表示されていました。

参加者の皆さんも活発に発言され、また別の意味でも面白いカンファレンスでした

IMG_0823
パネルディスカッションの様子。twitterが常時表示されていました

 

興味のある方は、ぜひtwitterで見てみてください。その時の様子がすごく伝わると思いますよ

http://twitter.com/home#search?q=%23mc2010

 

ぜひこのようなセミナーがバンバン開催されるくらいメタバース業界も盛り上がってもらいたいものです。

Post to Twitter